FX初心者でも安心の取引ナビ

FX初心者に適したテクニカル指標の選び方

取引を続けていると、取引に必要な情報というのはある程度限られてくるものです。投機的な取引を行う場合にはテクニカル指標は必須です。慣れてくれば数あるテクニカル指標の中から使うものは限られてきます。そうなるまでにはどれを使えば良いのでしょうか。色々試してみるのは良いのですが、基本的な選び方を把握しておくことは必要です。

 

FX初心者がまず知らなければならないのがテクニカル指標の種類です。テクニカル指標にはトレンド系とオシレーター系の二つがあります。どちらかだけを利用する人もいますが、多くのトレーダーはトレンド系とオシレーター系の二つを併用しています。トレンド系のテクニカル指標としては移動平均線やADX、ボリンジャーバンドなどがあります。オシレーター系のテクニカル指標としては、ストキャスティクスやRSIなどがあります。

 

トレンド系テクニカル指標は、相場のトレンドを知るためのものです。これに対してオシレーター系テクニカル指標は相場の過熱感を知るためのものです。FX初心者にとっては、まずはトレンドを追って取引するべきでしょう。そのためには、トレンド系テクニカル指標でトレンドを判断し、そしてトレンドがあることが分かったのなら、エントリーするタイミングをオシレーター系テクニカル指標で判断します。たとえば、上昇トレンドだと判断した場合、オシレーター系テクニカル指標で割安になるタイミングを探します。売られすぎたところで買えば、パフォーマンスを高めることができるでしょう。

 

このようにして用いるのが基本ですが、FX初心者の場合、何を選べば良いのでしょうか。このような場合には最も多くの人が利用しているものを選んでおくと無難です。トレンド系テクニカル指標としては移動平均線を用いるのは良い方法です。オシレーター系テクニカル指標としてはストキャスティクスやRSIを用いると良いです。移動平均線+ストキャスティクス、あるいは移動平均線+RSIから始めてみてはいかがでしょうか。
参考サイト:FX初心者おすすめ業者!100円から始めることが出来る会社

 

 

だいぶ下落したのでリバウンドになる可能性はある最近のFXのキウイの相場

 

ここ最近のニュージーランドは、少々軟調になっているようです。何とも頭が重い動きになっていますね。
事の発端は、数日前の経済指標です。この国は、以前から利下げが懸念されていました。政策金利というものは外貨の金額に大きな影響を及ぼすものですが、その金利が下がるのではないかという話が以前から浮上していたのですね。もちろんそれが下がってしまえば、ニュージーランドの外貨の価格も下がる傾向があります。
そして実際、下がりました。数日前にその経済指標が発表されたのですが、案の定利下げになったのですね。それでかなりの勢いでの下落が発生していたのです。その時にFXの買い玉を保有していた方は、さぞかし大変だったのではないかと思います。買い玉を保有していれば、もちろん下落に伴って大きな損失が発生してしまうからです。
そして、その下落が発生してからかなり日数が経過しました。もうすでに2週間ほど経過しているのですが、今なお頭が重い状況が継続しています。あれから4円や5円くらい下がったので、かなりの下落状況なのは確実でしょう。
そしてここまで下がってくると、そろそろニュージーランドの上昇が始まってもおかしくないとは思います。さすがに下がりすぎな状況ではあるので、現時点でリバウンドの上昇を狙っているFXのトレーダーも多いと思いますね。
しかしこのような時に限って、外貨の金額は上昇しない事が多いのです。私は以前に先物の格言を読んだ事があるのですが、下がりすぎだと思っている時に限って、どんどん下がっていく事が多いようなのです。ですので今後は、ニュージーランドの価格がまだまだ下がっていく可能性はあります。
しかしさすがに5円もの下落です。ここまで下がると一度はリバウンドが発生しても不思議はないので、慎重にロングの売買をするのも一法ではありますね。しかし下落のムードはかなり高めになっているのも事実なので、このような時にはリスク対策を徹底した上で、逆張りでのFXの注文をするのが大切だと思います。

 

 

FXではパソコンとネットの動作環境はどれ位が求められるか

 

FXの売買をする為には、もちろんネット接続が必要です。またそのネット接続をしているパソコンや携帯電話なども必要になってくるのですね。
ところでシステムを用いての売買をするとなると、必要スペックなどもあります。そもそも何かのシステムを使う以上は、やはりパソコンにある程度のスペックが求められるのですね。スペックが低すぎますとその投資商品のシステムが使えない事もあるので、注意が必要です。
基本的に、パソコンのスペックはそれほど高いものは求められないと考えて良いでしょう。というのも、現実に私がパソコンでその商品で売買を行っているからです。そして私が用いている機器は、正直スペックはかなり低い方だと思います。あるネットオークションで落札した中古タイプを用いているのですから、少なくとも最新バージョンのスペックではありませんね。一昔前のパソコンと考えて良いでしょう。
しかしそのパソコンでも、私はその金融商品の売買で不自由を感じている事はありません。むしろかなり快適に売買できている方だと思います。中古のパソコンでも快適な売買ができる位ですから、基本的にそれほど高性能なパソコンでなくても十分だと考えて良いでしょう。
ただしネット接続だけは話は別です。ネット回線は、やはり常時接続ができるタイプでないと厳しいと思います。
特に従量課金型のネット接続は、やはり厳しいでしょう。というのもこの金融商品では、インターネット回線でのやり取りがかなり多く発生します。その情報量はかなり多くなりますので、従量課金制ですとネット接続の料金が高く付いてしまうからです。
また大抵のFXの会社は、口座開設に関する条件などをホームページで明示しています。その公式サイトにて、上記の常時接続が必須と明示されている事も非常に多いのですね。
つまりこの金融商品はパソコンのスペックはそれほど高いものは求められないのですが、最低でも常時接続だけは必要と考えて良いでしょう。

ここ最近の金融業界では、ちょっと色々状況が変わりつつあるようです。その1つが情報漏えいです。
ここ最近は、なぜか情報漏えいが増加している傾向があります。中でも怖いのが、パスワードの流失です。
最近の金融業界では、Web媒体が積極的に活用されている傾向があります。そして銀行などで何かの手続きをするとなると、パスワードなどを用いるケースが非常に多いのですね。ログインなどをする際には、必ずと言って良いほどパスワードの入力が必要になるでしょう。
ところがここ最近、そのパスワードの流出などが増えているのだそうです。それでパスワードの悪用事件なども発生しているようなので、とても怖い話ですね。ですのでネット媒体で銀行の口座を活用している方などは、ちょっとパスワードの管理には気をつけた方が良いでしょう。銀行の口座の資金が激減するとなると、大変怖いことになってしまうからです。
ところで、FXももちろん金融関係の商品の1つになります。そしてその投資商品で売買をする時には、パスワードなどは頻繁に用いることになるでしょう。私も毎日のようにその金融商品で売買をしていますが、ほぼ毎回パスワードの入力をしています。
ところがそのパスワードが誰かに渡ってしまうと、やはり大変な事になってしまうでしょう。というのもパスワードを用いてログインをしますと、かなり秘密性が高い情報を見る事ができます。自分のプライバシーに大きく関わる情報を閲覧できる訳ですね。
つまりパスワードが誰か第三者に渡ってしまうと、その情報が悪用されてしまう可能性があります。つまりこの投資商品には、パスワードに関するリスクがあるのですね。
FXのリスクというと、いわゆる外貨の値動きに関するものがクローズアップされがちです。実際そのリスクは、かなり大きいですね。
しかし最近の金融業界の動向を見てみると、個人情報の流出リスクも案外軽視できないと思います。誰か第三者に流れるのを防止するよう、自分なりに色々工夫をする事も必要でしょう。

続きを読む≫ 2015/07/22 10:34:22

私がFXを始めたきっかけは株で大損したことだった。
大学卒業後、外資の保険会社につとめるようになり、同年代と比較してもそこそこのお給料をもらい満足していた。世間でもよく言われるように一年目のお給料は貯まる一方で使う暇がなかなかなかった。
ブランド品を買うようになり、ご飯も毎晩外食になってきたころからお金を使う楽しみがでてきてしまったのだ。その頃から可愛がってくれていた上司が、株でお小遣いを稼いでいる話を聞くようになり次第に興味がわいてきてしまった。
最初は少額で運用していたので利益も少なく損も少なかった。だんだんお金を増やす楽しみを覚えてきたので少しずつ少しずつ株に投資する額が増えていった。
運用方法は、株主優待のついている株を安いときに購入して、優待配当時期に優待目的で購入する人が増え、上がってきたところで売却するといった方法だった。
上手くいく場合もあるが、損する場合もあった。大体五分五分だったので、少しずつではあるが増えていった。
しかし、調子にのって額を増やしていった結果、負けが続いて何十万と負けてしまったことがあった。株で遊ぶ金額はきめていたので株を止めなければいけなくなってしまった。
そこで、出会ったのがFXだった。500円から始められると書いてあったホームページに惹かれて口座を開設してホントに500円で取引出来たときは新たな夢の一歩だと思った。
500円から増やしていき、ゆくゆくは億万長者だと本気で思っていた。
チャートなどは株のときに見ていたのでアレルギー反応もなく、スムーズにFXの世界に入ることができた。運用期間が数週間だったのが数分になり、デイトレードというものをはじめてみたりしている。
しかし本日現在、その500円は底をつき5000円を追加で入金し、億万長者の夢をつかむため日々トレードを重ねている。
先週は京都にある願い事のかなうお寺へ赴き、あつかましくも億万長者になりたいと願ってしまった。
叶う日が来れば数万円のお賽銭を用意してお礼参りに行く心構えはある。あとは勝つだけだ!

続きを読む≫ 2015/07/22 10:34:22

FXで売買を行うためには、もちろん証券会社によるシステムを用いる必要があります。売買を行うために所定のボタンをクリックする必要がありますし、もちろん決済をする時にも所定の操作が必要です。
またそもそも売買の為には、入金や口座作りなどの作業も必要になります。口座を保有していなければシステムに触れることもできませんし、もちろん入金額がなければ投資をする事も不可能ですね。
このようにFXでの売買の為には様々なシステム操作が必要になるのですが、正直その操作方法などは難しくないと思います。むしろ非常に簡単ですね。分かりやすい場所にボタンが設置されていますし、最近ではクリックミスなどによって大きな損失が発生しないよう、様々な工夫が施されている金融会社も珍しくありません。基本的には親切に設計されていますので、売買の具体的の方法などは特に難しくないでしょう。
しかし現実には、FXの情報サイトではその商品は難しいと言及されている事もしばしばあります。また情報サイトだけでなく、いわゆる質問投稿サイトなどにもそのような事が書かれているケースもあるのです。初心者の方々などは、その金融商品に関して悩んでいる事も多いですね。
では人々はどのような悩みを持っているかと申しますと、コンスタントな利益なのです。それも長期的に渡って、安定的な利益を発生させる事が難しいと考えているのですね。
この金融商品では、投機的なやり方で利益が発生する事がしばしばあります。いわゆる短期間での大口売買などで、思わぬ大きな利益が発生する事もあるのですね。
問題はその安定性です。ほんの数回だけ大きな利益が発生しても、それを「継続」させるとなると少々難しい一面もあるのですね。
思えば会社経営なども、そのような一面があります。ある時期までは売り上げが順調でも、時にはそれが不振になる事もあるでしょう。高い売り上げを継続させるのは、とても難しい訳ですね。
つまりこの金融商品で難しいのは、売買のやり方なのです。それを良くするために、多くの方はその投資に関して熱心に勉強している訳ですね。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:26:14

今から数年前ですが、金融業界で非常に重大なショックがありました。それに伴って、円高が大きく進行していたのです。もちろんそれは、FXに対しても大きな影響を及ぼしました。その時にクロス円で買い玉を持っていた方々は、さぞかし大変だったと思います。
事の発端ですが、ある大手の銀行が破綻するという話になったのですね。それもかなりの老舗の銀行だったので、それをきっかけにアメリカに対する不信感が募ったのです。つまり外貨に対する嫌気が生じたのですね。
外貨に対する不信感などが生じるのであれば、今度は日本円に注目が集まることになります。それで多くのFXのトレーダーの方が日本円を購入していた訳ですね。いわゆるリスク回避の円買いが継続していた訳です。それであのような大きな出来事になっていた訳ですね。いわゆるリーマンショックです。
ところでそのショックの熱が冷めやらぬ2月や3月頃になって、ちょっと不思議な現象が発生しました。あまり重要度が高くない経済指標によって、外貨の金額が上昇していく現象が発生したのです。
経済指標にも、色々な種類がありますね。アメリカの失業率に関する経済指標などは、やはりかなり重要度が高いでしょう。
しかしその逆に、あまり重要度が高くない指標もあるのです。そのような指標が発表された時に、外貨の金額が大きく上昇する事があったのですね。
それはリーマンショック前では、考えづらい減少でした。あまり重要でない指標は、もちろん重要視されないものです。マーケットがあまり注目する事もありませんので、たとえ「今後は円安になるだろう」という指標が発表されても、それほど大きく動かない事が多いのですね。ところがリーマンショック直後は、その指標の発表に伴って大きく動いていたのです。
あれは恐らく、FXのトレーダーの方々が「買い材料」を探していたのだと察します。それでトレーダーの方々が過敏に反応して、マーケットが大きく動いていたのでしょう。
このように多くの方々が買い材料や売り材料などを探している時には、思わぬ指標でマーケットが動きますので注意が必要です。もちろんFXで売買を行う時には、その指標には気をつけた方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:26:14

人の噂というものは、しばらくの期間は影響を及ぼします。しかしその噂の影響度は、長く続くものではありません。基本的には90日ほど経過すれば、その噂も忘れられる傾向があるのですね。それでまた通常通りの状態に戻るケースは、少なからずあるのです。
そして金融業界でも、そのような事がしばしばあります。FXにも、それは大きく関係してくるのですね。
そもそも外貨の動きというものは、ニュースに左右される傾向があります。例えば経済界の重要人物が、何か重大な発言をしたとしましょう。最近そのような発言は、とても多いのですが。つい最近も、ある銀行の有名な方がとても大事な発言をしました。それに伴って、外貨の金額は大きく動いていたのですね。
そしてそのニュースに伴って、為替市場では様々な雰囲気が蔓延します。もしも経済の重要人物が「今後は円の価値は下がる」等と発言した時には、円安が進行する事も大いにあり得るでしょう。そしてしばらくその雰囲気は、継続するのですね。ですのでしばらくの間は、FXの買いの注文をする方が良い訳です。
ところがそのニュースの影響力というものは、永久に続くものではありません。必ずどこかのタイミングで、そのニュースの影響力は無くなるのですね。
例えば今から数ヶ月ほど前に、やはり経済の重要人物がある大事な発言をしました。それに伴って、ちょっと外貨の金額が下落したのですね。特にヨーロッパ関連の通貨などは、かなり大きく下がっていた記憶があります。
ところで現時点では、すでに3ヶ月以上が経過しています。そろそろその重要人物による発言も、忘れかけられている雰囲気があるのです。実際、完全に忘れてしまっている方々も少なからずいらっしゃると思います。そして現在の相場ですが、だんだんと上昇してきていますね。そのニュースの影響力はだいぶ無くなっているのでしょう。
このようにFXに関するニュースの影響力は、それほど長く続くものではありません。基本的にその影響力は、長くて数ヶ月ほどと考えて良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:26:14